勇敢な桜の戦士たち


本日より

ラグビーW杯 日本大会 が始まりますね

・トライした得点が一番高い

・パスは横にしか進めない

くらいしか知らず・・・

ルールも分からずで、

亡 平尾誠二さんの爽やかでカッコ良い印象しかなく

まともに一試合を観たのは一度のみ。

TVドラマ「ノーサイド」も一部分しか観ていないのですが

あの屈強な身体で勇猛果敢に挑んでいく姿

大きな相手に立ち向かっていく姿

頭脳戦・心理戦でもあるチームプレイ

生命をもかけたプレイ

紳士の真摯なスポーツ

と、一部分しか知らずとも

様々な選手がクローズアップされている映像であったり

そのストーリーは自然と惹き付けられますよね。

母国開催、

地元・愛知県のスタジアムでも試合がある

愛知県出身出身の 田村優選手姫野和樹選手が代表メンバー

と言うことも相まって愉しみにしています。

赤白の配色、満開の三つの桜のエンブレムがついた

「ブレイブ・ブロッサムズ」(BRAVE BROSSOMS)

勇敢な桜の戦士たち

と言う愛称に象徴される桜のエンブレムが印象的な

日本代表のユニホームについても

あちこちで取り上げれれていることですが

本日の中日新聞 夕刊一面に掲載のあった記事を見て

世代を超えたバトンリレー

人生をかけたドラマ

があるなと既に感動しています。

元々は、

蕾・半咲き・満開 の三種であり、

チェリー・ブロッサムズと言われていたそうです。

「いつか、

ラグビーの母国イングランドと戦えるようになったら満開にしよう」

と、日本を象徴する 桜 に思いを込められたとか。

1952年に満開の桜にエンブレムが変更され

記憶に新しい

2015年 W杯イングランド大会で

強豪 南アフリカに対して歴史的勝利を挙げましたね。

今回の、

W杯を最後に進退の変化がある選手もいらっしゃいますが

応援する側としては

どうか どうか大きな怪我なく最後まで全力プレイをして頂きたいと思います。

赤白(こうはく)は

日本の国旗・日章旗の色であり

桜は日本を象徴する花。

デザインには兜や

青海波や麻の葉など日本の吉祥文様が描かれた

世界に勝つための日本代表ジャージ

(画像はCanterburyより)

を纏った

勇敢な桜の戦士たち

を応援しましょう!!

-----

T 「Time (いつ)」

P 「Person (誰と)」

P 「Place (どこで)」

O 「Occasion (何をする)」

S 「Sociality (社会性)」

を、

意識、考慮・配慮ある

色使い、装い、メイクは

自身に対して、お相手さまに対しての

マナーであり、嗜みであり、思い遣り。

あなたの笑顔が、

あなた自身のためにも、

有効で有意義な愛のある

意識、選択、行動で

解決、成長、変化・進化をして頂きたい。

意識的に

あなたが アナタ自身に太陽と栄養、愛情を注いで

元気いっぱいに輝かせてあげてください。

少しずつでも大丈夫。

似合う 色

似合う 服装

似合う ヘアメイク で

あなたの内面・外面・心の潤い、輝きが日毎に増し、

品格・知性、幸福感、自信が

TPPOS 含め培っていかれますように。

専門家の立場から貴方のお力になれると嬉しいです。

callands colorcoordination 大藪ゆう子

HPInstagram

ameblo​

#色 #その他

© callands colorcoordination.