「受け入れる」ことは「内側から笑顔の魅力が増す」こと


「受け入れる」ことは

「制限や壁を外す」ことは

「内側から笑顔の魅力が増す」こと

それは

すべては あなたの笑顔溢れる人生のため

私も含めて 人と言うのは、

概ね慣れているコト・場所・人に安心感を抱くため

新しいこと、やったことがないこと、知らないことには

自己防衛が働くため抵抗感・拒絶感があります。

自分が思っていること、考えていることが違うと言われれば

悲しさや不安に思うこともあるでしょうし

否定されていると受け取る方もいらっしゃるでしょう。

「自分にとって良いことを言ってくれる人」

「自分にとって都合の良い解釈」

「自分を正当化するため」

と言うよりは、

「自分にとって耳の痛いことを敢えて言ってくれる人」

「自分主体に偏らず客観的に解釈・行動できること」

「(時には弱音を吐きながら)自分を律しながら愉しみ面白がること」

の方が心の穏やかさ・成長・愉しみに繋がる。

と 私は思いますが如何でしょうか?

私の専門分野である

「色」に関連付けてお話ししますね。

私自身、好きな色と似合う色は大きく違い

ファッションスタイルもメイクも含め全てが

「イイ!!」

「似合う!!」

と正確な診断を受けた内容・結果とは真逆で

私のそれまでの全てを否定されたような

ショックと悲しさとが入り交じり

ほんと興覚めでした。

が、

流石に当時はカラーを素直に学んでいる身であった

頑固者の私も、

とても素敵なベテランの先生に講義の際に診て頂き

ガンガン直球を投げてくる 仲間であるクラスメイト達の客観的な指摘

何より自分自身の目で明らかに違うことを鳥肌の体感をし

素直に受け入れることで変わっていけました

色を一から学び直そうとスクールに通い出した頃、

元々はパーソナルカラーを専攻する予定ではなかったのですが

お蔭様で

色の魅力、繊細さ、面白さ、奥深さに惹かれ

今の仕事に繋がっています。

繊細で難しくもある

「色」を正確に見分け、選ぶこと。

「人」と相対し「分析・提案」すること。

お客様が喜び輝いていかれる姿に接することが

愉しくて嬉しくて仕方ありません。

こころに触れるヒト・モノ・コトは、

物事の感じ方、捉え方、見方、考え方、

行動にも作用・影響する

(パーソナルカラーに限らず)

「受け入れる」こと

「制限や壁を外す」ことは

「内側から笑顔の魅力が増す」こと

それは

すべてはあなたの笑顔溢れる人生のため

※パーソナルカラー診断はじめ各メニューにおいて、

 厳密には色の診断に留まらず

 お仕事やお立場などを考慮・配慮し

 コメントを差し上げております。

(合わせて ご参照くださいませ)

色のないものはない その必要性、重要性

パーソナルカラー診断を何処で誰に受けるか

人に「色」を診て貰う必要あるの?

人は見た目が100%

他の誰でもない 自分に 手をかけ 愛情をかけてあげること 笑顔と 優しさをプレゼントしてあげること 自分に パートナーに 家族に Happy を 日々に人生に どんどん贈っていきましょう

パーソナルカラー パーソナルスタイリング

パーソナルメイク

それらは

考え想像する以上に

日々の人生の喜び愉しみ気付きにも

点となり線となり面となり

繋がります

皆さまの 心、内外面が笑顔と共に 潤い輝き増していきますように

------

T 「Time (いつ)」

P 「Person (誰と)」

P 「Place (どこで)」

O 「Occasion (何をする)」

S 「Sociality (社会性)」

を、

意識、考慮・配慮ある

色使い、装い、メイクは

自身に対して、お相手さまに対しての

マナーであり、嗜みであり、思い遣り。

あなたの笑顔が、

あなた自身のためにも、

有効で有意義な愛のある

意識、選択、行動で

解決、成長、変化・進化をして頂きたい。

意識的に

あなたが アナタ自身に太陽と栄養、愛情を注いで

元気いっぱいに輝かせてあげてください。

少しずつでも大丈夫。

似合う 色

似合う 服装

似合う ヘアメイク で

あなたの内面・外面・心の潤い、輝きが日毎に増し、

品格・知性、幸福感、自信が

TPPOS 含め培っていかれますように。

専門家の立場から貴方のお力になれると嬉しいです。

callands colorcoordination 大藪ゆう子

☑ HP ☑ Instagram

☑ ameblo​

#イメージコンサルティング #パーソナルカラー #パーソナルスタイリング #パーソナルカラー診断 #メイク #骨格診断 #ヘアスタイル #身嗜み #ワードローブ分析計画

© callands colorcoordination.