感慨深い学生コメント-2


専門学校の2018年度の受持ち講義が先月で全て終わり、

回収した2月度分のテスト、

大量の課題評価に順次 赤ペンを入れているため…

腱鞘炎 絶賛悪化中です💦

講義内容自体には直接的に関係ないことも 厳しく、いちいち細かく煩い指摘・指導に 戸惑うことも嫌だなと感じたことも 多かったことは (例年)間違いなく言えます。 2/27提出〆切の 制作物としては最後の大きな内容のモノに 添付するよう指示した 自身に対する振り返りを目的とした評価表。 ある学生が、 客観的に自身の手応え、成果について触れながら

「私たちに厳しく指導して頂き、

 本当に今後に活かせる良い授業だったと

 今になって思います」

何故厳しい指導だったのか

本人なりに感じたことがあったのでしょう。

記し伝えてくれていました。 制作物も細かな点含め格段に 改善・工夫されている内容に仕上がっていました。 その学生の 意識が変わってきた頃からの変化 この一年の取り組みが思い返され なんだかね…感慨深く ホロ泣きです。

--------

T 「Time(いつ)」

P 「Person(誰と)」

P 「Place(どこで)」

O 「Occasion(何をする)」

S 「Social(社会性)」

を、

意識、考慮・配慮するのは

自身に対して、お相手さまに対しての

マナーであり、嗜みであり、思い遣り。

あなたの笑顔が、

あなた自身のためにも、

有効で有意義な愛のある

意識、選択、行動で

解決、成長、変化・進化をして頂きたい。

意識的に

あなたが アナタ自身に太陽と栄養、愛情を注いで

元気いっぱいに輝かせてあげてください。

少しずつでも大丈夫。

あなたの内面・外面・心の潤い、輝きが日毎に増し、

品格・知性、幸福感、自信が TPPOS 含め培っていかれますように。

専門家の立場から貴方のお力になれると嬉しいです。

callands colorcoordination 大藪ゆう子

☑ HP ☑ Instagram

☑ ameblo​

#仕事

© callands colorcoordination.