© callands colorcoordination.

受け入れることで 変えられる


「パーソナルカラー」とは、

その方に「似合う色」のことです。

それは、その方の 好きな色=似合う ではありません。

その方にしかない要素・魅力・内面からの輝きを

(私)カラリストが専門的な知識・経験のに基づき

正確に分析した結果が その方の「パーソナルカラー」です。

パーソナルカラーを効果的に用いることには、

・瞳や肌などが健康的で生き生きとして見える

・清潔感がある

・印象が良く見える

・上品に見える

・肌トラブルが目立ちにくい

などなど

メリットしかないです。

デメリットはこの逆です。怖いですね。

個人でお申込み下さるお客様は、

ご自身のご意志で、貴重なお時間とお金を使い

コンサルティングにいらっしゃいますから

「変化」「発見」「期待」「希望」

「将来的な愉しみ」「活用方法」・・・

など、お求めになる期待値も大きい。

診断結果がご自身の趣味嗜好と異なっていてもいなくても

素直に受け入れることで変わっていけること

制限を外し行動することで変わっていけることに対し

瞳をキラキラさせ、心をわくわくさせた笑顔が溢れます。

私も心が温かくなりキラキラします。

嬉しい瞬間です。

別の機会にお逢いする際、

内面・外見、心のあり方も

どんどん素敵になられていくお姿には晴れやかもあります★★★

人と言うのは、

概ね慣れているコト・場所・人に安心感を抱きますから

新しいこと、やったことがないこと、知らないことには

自己防衛が働くため抵抗感・拒絶感があります。

自分が思っていること、考えていることが違うと言われれば

否定されていると受け取る方もいらっしゃるでしょう。

「自分にとって良いことを言ってくれる人」

「自分にとって都合の良い解釈」

「自分を正当化するため」

と言うよりは、

「自分にとって耳の痛いことを敢えて言ってくれる人」

「自分主体に偏らず客観的に解釈・行動できること」

「(時には弱音を吐きながら☺)自分を律しながら愉しむこと」

の方が心の穏やかさ・成長・愉しみに繋がる。

とは思いませんか?

私自身、好きな色と似合う色は大きく違い

ファッションスタイルもメイクも含め全てが真逆でした。

ぇぇぇぇーーーーッ(-ω-)/ ほんと興覚めでした。

頑固者の私も、

素直に受け入れることで変わっていけました。

色を一から学び直そうとスクールに通いだした頃、

元々はパーソナルカラーを専攻する予定ではなかったのですが

色の魅力、繊細さ、面白さ、奥深さに惹かれ

今の仕事に繋がっています。

「色」を見分け、選ぶこと。

「人」と相対し「分析・提案」すること。

お客様が喜び輝いていかれる姿に接することが

愉しくて嬉しくて仕方ありません。

こころに触れるコト・モノは、

物事の感じ方、捉え方、見方、考え方、

行動にも作用・影響する。

(パーソナルカラーに限らず)

素直に受け入れることは、

制限を外し行動することで変わっていけること、

世界を変えていけること。

皆さまお一人お一人にとって、

より良い素敵な変化がありますように。

※パーソナルカラー診断はじめ各メニューにおいて、

 厳密には色の診断に留まらずお仕事やお立場などを考慮・配慮し

 コメントをしております。

(合わせてご覧くださいませ)

色の必要性、重要性

パーソナルカラー診断を何処で誰に受けるか

色を見るだけではないの?

人の見た目は100%

#パーソナルカラー