セミナー・講義の際に意識すること①


コンサルティングの際も同様ですが、

セミナーや講義となると人数が増えるため

おひとりおひとりに充てられる時間が必然的に限られます。

そこで、私が 場において意識的に努めていることは、

・会場全体に視線を向け、こころを寄せる

 →人と人。

  目と目と合わせ、言葉と心を通わせれば少なくとも距離は近くなるし

  近くしたいと思い考えるから☺

・一人でも多くの方と目と笑顔が合うようにする

→人と人。

  互いの目が合い、笑顔が交われば更に笑顔は増えるものと

  思い考えるから☺

・ランダムでお当てし、表情とお声を向けて頂く

→周りに遠慮し、恥ずかしがるのも分かります。

  が、折角お逢い出来、参加下さっているのですから

  お顔とお声をコチラに向け届けて頂けると嬉しいと思い考えるから☺

・規模にもよりますが、極力マイクを使用せず地声張ってイク

→声張って元気良く接すると、お相手様も元気良く接してくださると

  嬉しいと思い考えるから☺

(マイクを使うと、、

  鼻息的なモノがガンガン届いてしまいそう・・と言う理由もあります)

・なるべく 参加者さま、受講者さまの近くに寄る(動く)

→着席頂くお席に関わらず、物理的・心理的距離は必ず存在します。

  パーソナルスペースを配慮しつつ距離を縮めたいと

  思い考えるから☺

ですかしら ☺

今回は、場において意識的に努めていることを上げました。

その他については、また改めて。

#セミナー #仕事

© callands colorcoordination.