「桃色(ももいろ)」


(桃色)

中国から渡来したと言われる桃の花。

「桃色」の起源は古く、

万葉集に「桃花褐(ももそめ・つきそめ)」の記述があります。

桃の花で染色した柔らかい色合いは、

エレガントで繊細、ロマンティックな優しさを印象づけます。

不老長寿を与え、邪気を払う神聖な力、

魔除けの力を持つとされ「桃の節句」など

女の子の健やかなる成長を祈る風習があることから

「若く健康的で愛らしい女性」

のイメージを与える桃色。

文字の成り立ちは木へん+数が多いことを意味する兆から成り立っており、

多くの実をつける木。

花言葉には

「気立ての良さ」「愛嬌」「愛の幸福」など、

心理効果には

「幸せ」「安らぎ」「愛情」など

があることも含め私たちに豊かな幸福感を感じさせてくれる桃色。

その、桃の花咲く暖かい春は直ぐそこです。

#色

© callands colorcoordination.