いざと言うときに慌てないために - 2


祝儀、不祝儀について。

「祝儀・・・新札を包む」

は、ご理解あるかと思います。

「不祝儀・・・新札を避ける」

は、不幸に対し待っていたかの印象を与えるの意がある。

とされます。

これは、それぞれのお考え方があるでしょうから

一概には言えませんが

どこの誰が どのような状態で触ったのか分からないお札より

汚れも穢れもない綺麗なお札を用意し

故人に対し、お別れと共に感謝をする意とし

新札をお包みする

と言う考え方もある と私は思います。

拘りさえしなければ

祝儀、不祝儀何れの袋も急ぎでも用意できますが

「新札」はそうはいきません。

いざと言うときに慌てないために も

クローゼットに、引き出しに

備えておくべきモノ・コトのひとつでしょう。

#仕事 #パーソナルカラー #パーソナルスタイリング #イメージコンサルティング #ワードローブ分析計画

© callands colorcoordination.