© callands colorcoordination.

意外と見られている 手先・指先 + 動き


第一印象を気を付けよう!

と、装い、表情、声のボリューム・トーン、ボディーランゲージ

などを意識されることは多いかと思います。

意外と シビアに見られている箇所のひとつに 「手先・指先 + 動き」

があります。

メディアの影響もあってか?一頃に比べると美容男子率も増えました。

(個人的に)行き過ぎでは?と感じる点も無きにしも非ずですが、

清潔である、清潔感があることは好印象を与えます!!

本題に戻りますが、

●女性、ネイルアート。

 されている方は多いですよね。

 ネイルをしていてもしていなくても、

 透明感がある潤った手肌が何より美しいとも思います。

 技術あるネイリストさんが施す、様々な色、アート、パーツの組み合わせは

 ワクワクしたり、ウキウキしたり、キレイに整う様子・・・

 は嬉し楽しいものです。

 が、

   ・不快を与えるほど華美・派手である

   ・TPOに相応しくない

    ・

    ・

 など、お客様自身が誤ったリクエストをしているケースが多々あります。

 先ず、

 その人のパーソナルカラーとは調和しない色を施していれば

 何より 大ダメージです。

仮に潤った手肌だったたとしても嫌でも汚くくすみます

 アート、パーツも同様。

汚くくすんだ、不快を与える自己満足で施したネイルの手先・指先

  ・他者の視線が集まる顔元、口を押えるなどの行為で近づける

  ・対面時など、何かを指し示す指先に集中する視線

  ・グラスを持つ指先

    ・

    ・

ゾッ とします

仮に、その人自身に問題がなかったとしても、

他者が受けるその人の印象のポイントは

何かしらのマイナス点がつくことは間違いない。

加えて、

手先・指先の所作。

様々なシチュエーションによって動きに変化を持たせることは

あるとは思いますけれど、

信頼感、誠実さ、上品さを印象付けるポイントのひとつです。

美しく施すネイル、指先の演出も

パーソナルカラー及び職業を考慮・配慮するのは必須です!!

●男性、ネイルケア。

 男性専門または男性OKのサロンも増え、

 経営者、営業職、サービス業の方で手入れをされている方も多いです。

 男性で、ネイルのケアまで意識がある方は

 身だしなみにも意識が高い方が多いですが、

 こちらも上記同様です。特に手先・指先の所作・動き。

難しく考えることはないでしょう。

自他共に

快 よりは快 を.

醜く汚い よりは 美しく綺麗 を

迷わず選択する。

今回は、「手先・指先」について記しましたが、

他については また別の機会に。

#パーソナルカラー #パーソナルスタイリング #イメージコンサルティング #美容養健康 #色