節分・立春


節分

季節の節目 の 分け目。

立春

春に向けて季節が変化する一日目。

と言われます。(諸説あるかとは思います)

土地により、様々な節分の過ごし方があるようですね。

この数年では「恵方巻き」もそのひとつ。

百貨店の食品売り場では、恵方巻きを。

催事フロアーでは、

バレンタインに向けチョコレートを買い求める方々で賑わっていました。

日本には豊かな四季の移ろいがあります。

イベントのような盛り上がりでの賑わいであったとしても、

古来中国から伝来して、日本でも季節のさだめに重用される

「二十四節気」を何となくでも意識し大切にしながら

過ごすのも微笑ましいかと思います。

節分と言えば鬼。

赤鬼が思い浮かばれます。

赤鬼の赤は、ほぼほぼ 紅色が使われます。

その紅色は、馴染みが深い日本の国旗、日章の色として制定されており、

国が表彰する紅綬褒章の綬(リボン)も紅色です。 情熱、装い、寛大、包容力・・の花言葉を持つこの色は、

色づく紅葉、酸味も美味しいリンゴの紅玉、美しい宝石・紅玉(ルビー)・・・

のように私たちに気品、前向きな気持ち、

包み込むような力、太陽のようなおおらかさを与えてくれる色です。

まだまだ寒い日が続きますが、

厄を払い、春に向けて季節が変化していくに相応しく

健康で笑顔いっぱいイキイキと

前向きな気持ちでおおらかに過ごしていきたいですね。

皆さまにとっても良き春、良き歳となっていきますように。

#美容養健康

© callands colorcoordination.